【HiHi Jets】猪狩蒼弥はラップがすごい!父の影響?

ローラースケートパフォーマンスと5人の仲の良さが魅力的なHiHi Jets(ハイハイ ジェッツ)のメンバーである猪狩蒼弥(いがりそうや)くん。

今回は猪狩くんのラップについて調査してみました。

猪狩蒼弥 基本プロフィール

名前:猪狩蒼弥
読み方:いがりそうや
あだ名:がりさん、Garry、だおちゃん
誕生日:2002年9月20日
身長:172.4cm
血液型:A
出身:東京都
兄弟:姉1人、弟1人
所属グループ:HiHi Jets
メンバーカラー:緑

ローラースケートラップのセンスがピカイチです。

小さい頃おもちゃ屋さんで四文字熟語かるたを買ってもらうなど、ずっと国語が得意で語彙力が凄まじく、”実は人生5度目なんじゃないか”という声まで上がるほどです。

その語彙力と頭の回転の速さを生かし、最近では”東大王””Qさま”といったクイズ番組に出演しています。

見た目も行動も発言も大人っぽい猪狩くんですが、実はHiHi Jetsの最年少で、”かわいい猪狩”がたまに現れます。


猪狩くんが所属するHiHi Jetsはこんなグループです!

スポンサーリンク

猪狩蒼弥はラップがすごい!

ジャニーズにはラップを得意とする人はたくさんいますが、猪狩くんのラップ技術は人並み外れています。

Summer Paradice2020では自分で作詞作曲した”Klaxon(クラクション)”という歌を披露し、その圧倒的センスでファンを更に驚かせました。

また、2019年に開催されたジャニーズJr.8・8祭りではSixTONESの田中樹くん率いるラップ集団”チーム樹”の一員としてラップを披露しました。
そのメンバーの中でも猪狩くんは圧倒的な技術で、会場を大いに沸かせました。

ISLAND TVにその才能が分かる動画をあげてくれています!

下の検索窓に「https://j-island.net/movie/play/id/4861」をコピペして虫眼鏡マークを押してもらうとその動画を見ることができます♪



スポンサーリンク

猪狩蒼弥はお父さんの影響でラップを始めた?

そもそも猪狩くんは、ローラースケートをやっていたお父さまがきっかけでジャニーズに入所しています。

お父さまとローラースケートをしていたところ、たまたまジャニーさんがそれを見ており、その場でスカウトされたんだそうです。

ジャニーさんは猪狩くんのローラースケートの才能を大変気に入って、「ローラーの振り付けは君がやれ」と伝えたんだそう。それ以降HiHi Jetsのローラーの振り付けはすべて猪狩くんが行っています。

スポンサーリンク

そしてラップですが、これもまたお父さまがきっかけで始めたんだそうです。

中学3年生の頃、お父さまに車で送り迎えをしてもらっていたそうで、その時に車内でケツメイシの曲をずっと聞いていたそうです。

曲を聞きながら口ずさんでいたら、「お前ラップ上手だからやってみれば?」と言われ、そこからラップをするようになったんだとか。

「パパがきっかけでラップを始めた。サンキューパパ!」とYoutubeで感謝を伝えていました。

まとめ

今回は猪狩くんのラップについて調査してみました。

お父さまの一言がきっかけで始め、その才能を開花させた猪狩くん。
文面では伝えきれないのでぜひこれからあるライブや配信を見て、実際に猪狩くんのラップに触れてください!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。